モノの適正量を見直してはいかがでしょうか?

おばあちゃんが、お一人で暮らしいるお宅に、1、2、3。

食器棚には、整然と陶器・磁器・漆器…

一揃いが5だったり、10だったり。 

キレイに収納されている分、見た目以上に大量のモノが詰まっていました。

 

お家を建てた頃には、四人家族で住まれていて、お客さまをもてなすための茶器やコーヒーカップやソーサーのセットも必要だったのだと思います。

 

同じように、お客さま用の座布団や布団も数セット、押入れに山積みされていました。

大量のモノをいつでも使用可能な状態に管理するのは、とても労力がかかります。

 

就職や進学で家を離れる方も多い、四月。

モノの適正量、家族の増減に合わせて、モノの量も考えて見てはいかがでしょうか?