破魔弓と五月人形に想いを馳せて~遺品整理の現場にて~

遺品整理の現場。

車を処分したあとの、ガランとしたガレージ。

奥の奥まで、ダンボールが重なっていました。

マジックで中に入っているものを書いてあるものの、開けてみると違う中身だったり空だったり。

ガレージに貴重品があることは殆ど有りませんが、片付け後は解体する予定のお宅。

全部の箱を確認させていただきました。

 

棚の上の箱から、50年以上大切に仕舞われていた破魔弓と五月人形が見つかりました。

お父様・お母様の後を追うように、若くして急逝された一人息子さんの、誕生をお祝いし健やかな成長の願いを込めた品です。

 

最終作業の日まで玄関に飾らせていただき、アルバムや形見の品と一緒に、お焚き上げで供養いたします。

 

ご遺品の一つ一つに触れ…

仲の良い素敵なご家族がお住まいだったことを、実感しています。